読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かに☆ぱんの健康&美味しいもの中心~blog

美味しい記録を気ままにup~治療記録も追加中

【溜池山王】chicken curry~インドカレー

 

 

ランチにカレー

         f:id:Nakamuu:20120531205644j:plain

 

冷えにはインドカレーが効く  そう

ランチ後~夕方まで あのオフィス が暑く感じられました

今までの越冬準備が嘘のよう → 苦労話はコチラ

香辛料の力かな?スパイスばんざーい

 

**ノーマルラッシー頼んだのに、、黄色いのが入ってる

インド人店員さん・ニホンゴワカリマスカ・・・

 

 

この界隈だと

新橋『GrandDarjeeling 』の甘いナンが美味しいい

辛いカレーが中和されます

かにぱんさんの駄目な食べ方=ナンだけ食べてお腹いっぱい

だって、ほんとこのナン絶品なんです

 

 

f:id:Nakamuu:20120531205625j:plain紫陽花

母の日に薄いフリル品種のピンクあじさいを贈った

今・その子達は実家で植え替えられて

元気にしているみたいだけど

土壌のせいでブルー

 

 こういうことだったのね・・・

花(正確には萼)の色は、アントシアニンのほか、その発色に影響する補助色素(助色素)や、土壌の pH (酸性度)、アルミニウムイオン量、さらには開花からの日数によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。

一般に「土壌が酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」と言われているが、土壌の pH (酸性度)は花色を決定する要因の一つに過ぎない。花弁(正確には装飾花)に含まれる補助色素によっては青になり得ない、またはなり難いものがあるほか、pH は地中のアルミニウムがイオン化する量を左右する要因に過ぎないため、仮に酸性土壌であっても地中のアルミニウムの量が少なければ花が青色になることはない。

初めは青かった花も、咲き終わりに近づくにつれて赤みがかかってい<wikipedia