かに☆ぱんの健康&美味しいもの中心~blog

美味しい記録を気ままにup~治療記録も追加中

【栄養療法】肌の乾燥対策>>>美容皮膚科vsオーソモレキュラー

   

 

肌の乾燥対策比較>>>

美容皮膚科(1.5年通院)と栄養療法(3ヶ月目)

 

      f:id:Nakamuu:20161020023831j:plain

東京学藝大「驚きの明治工藝」展のニヤニヤcat

とっても面白い企画でしたので、記事にしました☆

 


 

夏日が続きますが

空気の乾燥を感じるようになってきましたね

皆様いかがお過ごしでしょう

 

今日は皮膚について、

美容皮膚科に通っていた経験 &

栄養療法を始めてから感じた違いを綴ります

(栄養療法開始にあたり通っていた整体と美容皮膚科は継続を休止中)

 

ちなみにかにぱん、子供時代にアトピーだったこともあり

アレルギー(炎症)体質+皮膚は薄くて刺激に弱く、還暦を過ぎた母と比較しても、、

潤いで負けそう(゜ロ゜;イヤマケテル

綺麗に化粧する彼女と化粧すらできない私。。(真夏でも粉吹く)

年齢じゃないんですよ!

20代も前半までは透明感があったからまだよかった。。

寝たら肌荒れ快復しましたから。。。代謝が落ちたのかな?

人間平等なんかじゃないじゃないかーーー、不満だらけでしたね

 

 

 

≪美容皮膚科≫

美容皮膚科には今年の7月まで通っていました

美容目的というと、より美しさに磨きをかけるイメージですが

かにぱんの場合は乾燥でストレスを感じるほどの痒さ対策。。

通常の保険適用の皮膚科では

乾燥の治療に限界があるのではないかと疑問を感じておりました

(大学時代は漢方で体質の改善から取り組む保険適用の皮膚科に通ってました。洗顔の仕方から指導されたなぁ。年単位で行いましたが驚くほど効かず。。諦めました)

お金の力で解決しよう❕と通いだしたわけです

結果は

→続ければ効果はあるが止めれば途端にカサカサしだす

 

(治療法はメソアクティスという電気の極性を利用した保湿薬剤の導入&効果に限界が見えてからは水光注射も行っています。中高年に人気♪というお高めステムセルも入れてみました。際立つ効果なし。。まだ年齢的に感じにくいのかも~とお茶を濁される)

 

通っている間は人生発の潤いを実感。髪の毛先があたっても顔が痒くならないのは本当に素晴らしいですね。周りに聞いても「髪や埃で痒くなんかならない、汗が滲みて痒い?敏感すぎだよーー」とのことです、何十年も生きてきてようやく己を知り始めた。

医者や看護師からは→持続期間が他の人と比べて極端に短いらしく「どうしてだろう。。」と毎回気にしてくる。こっちが知りたい。

血液検査で色々わかってきた今となっては➰栄養も全く足りず、アルブミンの働きも悪く、ヒアルロン酸を注入しても効果が長持ちしないよなあ

 

続けていてわかったこと

この治療、根本の解決になってはいないのですね

いつまでたっても炎症はある(顔の赤みのこと。今ならリーキーガットで腸に炎症が起こっているのではと想像もつく)

皮膚科の先生も専任の看護師も??状態

何かしているんじゃないかと(擦ったり、変な化粧品をつかう等)言われても、、化粧落としすら使っていないし、言われた刺激の少ない基礎化粧品(医薬部外品:アルージュや医者も処方する白色ワセリン。アトピー患者も使える日焼け止め)しか使っていないのですね。可能性として遅発性アレルギーの検査結果を話したら「それはどうしようもできない(*_*)なあ」と。。。体質改善は門外漢だと。機械が大好きで元々形成外科の先生ですからこっちには興味がないのでしょう。。いや、困った

 

勿論元々健康な方ならば美容皮膚科の効果はかなりあると思います

持ちもよければ通う回数も出費も少なくすみますしね☆

 

美を求めて

美白やシミ,イボ,毛細血管の異常発達による赤ら顔、骨の萎縮からくる皮膚のたるみ等にはこういう所にお世話になった方が安心&効果もあるので

私もまたお世話になる時がくるかもしれません

 

 

≪栄養療法≫

話は飛びますが、京都の皮膚科医でオーソモレキュラーも手掛ける「あいこ先生」という方がblogを書かれています。そこで知識を得ていたかにぱん。アレルギー(慢性炎症が起こっている。ビタミンの消費が激しいし、合成もできぬ)を解決しない事には皮膚も体質も痛みのすぐでる筋肉もどうにもならなんのでは?と思い立った所、丁度通っている自由診療の歯医者が栄養療法もやりはじめたので治療法を変えてみた訳であります

 


現在、薄かった皮膚に厚みが出てきて粉も吹いてません!

顔に髪でも埃がかかっても痒くならない。。。汗もしみない!

むしろ肌綺麗とやっと言われるようになりました(*^^)/やっと。。よくみればアレルギー性?と医者に疑われている赤みが頬にでています。引き続き治療、特にリーキーガットmainにすすめていこうかな、と

(化粧はしていないため接近はまずいぞ。。。)

兎に角、治療開始3ヶ月でここまで乾燥が気にならなくなるのは

長年悩んでいたかにぱんとしては凄いことでした!

たんぱく質をmainに食事を行うのもやっと慣れてきたかな。。ほぼ自炊生活です❕

こういう乾燥対策の仕方もあるという事で、お高い美容皮膚科にもし通おうとしている方はご参考にしていただけると嬉しいです、勿論美容皮膚科で栄養療法を取り扱うところも出てきてますので

美を追求したければ併用するのが自分的にはbestかな、と思います。。今は効果を知りたいのでお休みしてます

 

お金も時間も勿体ないということで

とりあえず乾燥対策にお金をかけるなら>>>良質なたんぱく質&腸内細菌の改善+胃酸に不安があれば消化酵素の導入を暫く試してみるのはどうでしょう(^^

 

 

宇津木式などの何もつけないスキンケアは健康な肌の人がやると効果はあるかもしれません。もともとトラブルを抱えているかたはどうかな?というのがこちらも実践してみたカニパンの考えです。後日記事にします。これがあっている方はお金かからなくてイイデス

 

元々アトピーの人ではNMF天然保湿因子が正常に作られないフィラグリン遺伝子変異がある人がいますし、ということは作られる数が元々少ない人もいるかもしれません。保湿せず自然に任せて潤わせる方法は誰にでも起こりえるわけではなく、保湿因子を必要数作り出せる方たちだとかにぱんは考えています。

 

教訓

人に頼ってばかり、医者に任せてばかりではダメだなと

自分の事なので調べる癖をつける、聞いてばかりでは進歩も改善も難しい

ある程度知識は持った上で考える癖をつける!のが解決への近道かもと

実感する日々であります

 

※後日詳しい美容皮膚科の記事を書きます~

 

美容皮膚科とは別に保険適用の皮膚科で慢性蕁麻疹の薬ももらってます

花粉の季節になると悪化して厄介。はやくアレルギー治したい